南海ホークスを知っていますか?

ソフトバンク(南海の後身)の東浜選手は実力一番だ。

ソフトバンクのドラフト1位東浜巨投手(22=亜大)がルーキーとして「ベースボールカード」一番乗りを果たした。26日発売の「スポーツカードマガジンNo・97」(ベースボールマガジン社)の付録で日本ハム大谷とともにカード“デビュー”することが分かった。早くも1枚500円の値段が聞かれるなど「お宝化」の勢いだ。
阪神藤浪でも巨人菅野でもない。東浜が、日本ハム大谷と2トップでルーキー代表に選ばれた。2月中旬にベースボールマガジン社が発売する、全新人選手をカード化した「ルーキーエディション」のプロモーションを兼ね、先行カード化。同社担当者は「活躍してくれる期待度が高く、新人王の可能性がある投手なので」と理由を説明した。雑誌には巻頭4ページでインタビューも掲載される。
東浜選手は女性にかわいいと評判ふぁし、アマ時代の実績も他を圧倒している。

銀の戦車

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。