南海ホークスを知っていますか?

南海ホークスの復刻ユニフォーム

 南海ホークスを引き継いだ福岡ソフトバンク・ホークスは2008年の交流戦の阪神タイガース戦では、ホークス誕生70周年及び福岡移転20周年記念事業の一環としてホームゲーム(5月24日、ヤフードーム)ではダイエー時代の復刻版ユニフォーム、ビジターゲーム(6月6日、甲子園)では南海時代の復刻版ユニフォームを夫々使用した。なお、ダイエーモデルを着用していた2003年、南海モデルだった1964年はともに、阪神を倒して日本シリーズを制覇している。又、同じく交流戦の中日ドラゴンズ戦においても6月12日のヤフードームでの試合にダイエー時代のユニフォームを着用することが追加決定された。福岡移転後のホークスが初めて日本シリーズを制覇したのが1999年で相手は中日だった。
また、南海時代のユニホームの復刻版は8月3・4日のオリックス戦(京セラドーム大阪 現状大阪における唯一のプロ野球団)でも着用された。南海の復刻モデル着用の試合では、応援団が南海時代の応援歌を演奏したり、「(相手球団)倒せーオ!」の掛け声が掛かる等された(オリックス戦では「近鉄倒せーオ!」とコールされた)。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。